当社が目指す営業DX

営業DX 分析のイメージ

当社はCRMやMAの導入をきっかけとして、中小企業の皆様が、マーケティング・営業・営業事務の3つの活動を
デジタル上で行い、データを元に業務改善ができるようになる状態(営業DX)を目指してサービス提供を行います。
当社の目指す営業DXについてお伝えします。

当社はCRMやMAの導入をきっかけとして、中小企業の皆様が、マーケティング・営業・営業事務の3つの活動をデジタル上で行い、データを元に業務改善ができるようになる状態(営業DX)を目指してサービス提供を行います。当社の目指す営業DXについてお伝えします。

当社の目指す営業DX

デジタルマーケティング

見込み客、既存顧客とのコミュニケーションのデ
ジタル化。メールやWEB、ソーシャルメディア、
チャット等を活用したコミュニケーションが定着
することを目指します。

見込み客、既存顧客とのコミュニケーションのデジタル化。メールやWEB、ソーシャルメディア、チャット等を活用したコミュニケーションが定着することを目指します。

01

データ活用形営業

営業パーソンの経験値や勘ではなく、過去の傾向
データや見込み客のシグナルを元にした営業活動
ができる状態を目指します。

営業パーソンの経験値や勘ではなく、過去の傾向データや見込み客のシグナルを元にした営業活動ができる状態を目指します。

02

営業事務の電子化

ツールの活用や活性化のためには業務プロセスや
運用ルールを策定し、着実に実行し、成果を体感
していくことが重要です。当社ではツールの導入
設定だけではなく、現場の方に着実に実行し、成
果を上げていただくためのプロセスやルールを具
体的に提示します。

見積書の作成や承認申請ワークフロー、請求書発行はもちろん、在庫管理や簡易的な業務管理ツールまで一つのプラットフォームに統合することで紙やエクセルで行っていた営業事務の業務を電子化します。

03

営業事務の電子化

見積書の作成や承認申請ワークフロー、請求書発行はもちろん、在庫管理や簡易的な業務管理ツール
まで一つのプラットフォームに統合することで紙やエクセルで行っていた営業事務の業務を電子化
します。

03

営業DX達成のポイント

営業活動全体を俯瞰した観点で営業DXを進めないと、CRM導入、MAツール導入の失敗や、
複数ツールを使いこなすための工数の発生といった問題が発生してしまいます。
当社では前述の3つの活動を円滑にできる状態をGoalに置き、以下のようなポイントに配慮してお客様を支援いたします。

営業活動全体を俯瞰した観点で営業DXを進めないと、CRM導入、MAツール導入の失敗や、複数ツールを使いこなすための工数の発生といった問題が発生してしまいます。当社では前述の3つの活動を円滑にできる状態をGoalに置き、以下のようなポイントに配慮してお客様を支援いたします。

営業DXのポイント1

営業プロセス全体を俯瞰したDX構想

マーケティングのためのMA、営業のためのCRM、承認申請のためのワークフローなど、
それぞれ単体で考えるのではなく、営業活動全体を俯瞰したDXのGoal設定と構想が必要です。
これが無いと、業務単位でのツール導入をDXとして進めてしまい、全体を俯瞰してみると業務
が複雑化してしまう問題を引き起こしてしまいます。当社では前述の3つの活動ができる状態
ということを軸にお客様と一緒にGoal設定を行ってまいります。

マーケティングのためのMA、営業のためのCRM、承認申請のためのワークフローなど、それぞれ単体で考えるのではなく、営業活動全体を俯瞰したDXのGoal設定と構想が必要です。これが無いと、業務単位でのツール導入をDXとして進めてしまい、全体を俯瞰してみると業務が複雑化してしまう問題を引き起こしてしまいます。当社では前述の3つの活動ができる状態ということを軸にお客様と一緒にGoal設定を行ってまいります。

営業DXのポイント2

適切なツール選定

各領域に特化したツールや支援サービスが既に多く存在するため、ツール選定の難易度は高くなっています。当社では先に述べた営業DXのGoal達成のための手段として、現在はZOHO社のアプリケーションを提案させていただいております。詳しくは以下のページで詳しくご紹介しています。

各領域に特化したツールや支援サービスが既に多く存在するため、ツール選定の難易度は高く
なっています。当社では先に述べた営業DXのGoal達成のための手段として、現在はZOHO社の
アプリケーションを提案させていただいております。
詳しくは以下のページで詳しくご紹介しています。

ツール選定について
営業DXのポイント3

業務運用レベルへの落とし込み

ツールを導入、設定しただけでは現場の営業やマーケティング担当は使ってくれません。ツールを使った業務プロセスや運用ルールを策定する必要があります。当社では、マーケティング担当や営業パーソンの入力頻度やルール、マネージャーのチェック体制を整備し、ツール業務運用されるとことまで、ご支援いたします。

ツールを導入、設定しただけでは現場の営業やマーケティング担当は使ってくれません。
ツールを使った業務プロセスや運用ルールを策定する必要があります。当社では、マーケ
ティング担当や営業パーソンの入力頻度やルール、マネージャーのチェック体制を整備し、
ツール業務運用されるとことまで、ご支援いたします。

CRMサポートセンター資料ダウンロードのCTA