営業DXのためのツール選定

CRMやMA等のツールイメージ

営業DXの要になるのはCRMやMAツールです。
当社の目指す営業DXの活動を最も運用負荷を少なく、効果が高い状態で実装するためには、
以下のような要件を満たすツールを利用する必要があると考え、
当社ではZOHO japanが提供するZOHO CRMを始めとした各種アプリケーションを選定しています。

営業DXの要になるのはCRMやMAツールです。当社の目指す営業DXの活動を最も運用負荷を少なく、効果が高い状態で実装するためには、以下のような要件を満たすツールを利用する必要があると考え、当社ではZOHO japanが提供するZOHO CRMを始めとした各種アプリケーションを選定しています。

営業DXのためのツール要件

ツール間のデータ連携

基本はCRMをハブとしてMAや名刺管理などの他のツールのデータが同期する状態にすることで無駄な工数と
リスクを回避できます。また、CRMにデータを集約することでその後のデータ分析も容易になります。

基本はCRMをハブとしてMAや名刺管理などの他のツールのデータが同期する状態にすることで無駄な工数とリスクを回避できます。また、CRMにデータを集約することでその後のデータ分析も容易になります。

01

充実した機能と洗練されたインターフェース

充実した機能と洗練された
インターフェース

CRMの機能は年々進化しており、承認や各種処理の自動実行等、電子請求書の送付など営業事務的な機能が
電子化できる機能が続々と追加されています。また、スマートフォンからのデータ入力のしやすさなど、現場
の方が使いやすいインターフェースであることも重要です。

CRMの機能は年々進化しており、承認や各種処理の自動実行等、電子請求書の送付など営業事務的な機能が電子化できる機能が続々と追加されています。また、スマートフォンからのデータ入力のしやすさなど、現場の方が使いやすいインターフェースであることも重要です。

02

導入・維持しやすい価格

中小企業にとって、価格は重要な要素です。ハイスペックで高額なMA/CRMを使うまでも無いにも関わらず、
導入してコスト高に悩まれているケースが多くあります。当社が目指す営業DXやほとんどの中小企業に求め
られる要件は高額なツールを使わなくても実装できると考えています。

中小企業にとって、価格は重要な要素です。ハイスペックで高額なMA/CRMを使うまでも無いにも関わらず、導入してコスト高に悩まれているケースが多くあります。当社が目指す営業DXやほとんどの中小企業に求められる要件は高額なツールを使わなくても実装できると考えています。

03

当社が選定するZOHO

当社は前述の3つの要素を満たすツールとして、最適なツールとして「ZOHO」を選定しています。ZOHOは前述の3つの要素について、それぞれ以下のようなメリットを持っています。

当社は前述の3つの要素を満たすツールとして、最適なツールとして「ZOHO」を選定しています。
ZOHOは前述の3つの要素について、それぞれ以下のようなメリットを持っています。

営業DXのポイント1

CRMを中心としたデータ統合を実現

ZOHOにはCRMの中心として営業・マーケティング関連のアプリケーションが10以上あり、
それぞれのアプリケーションのデータはCRMに同期できます。また、APIが充実している
ため、外部のツールとのデータ連携も可能です。

ZOHOにはCRMの中心として営業・マーケティング関連のアプリケーションが10以上あり、それぞれのアプリケーションのデータはCRMに同期できます。また、APIが充実しているため、外部のツールとのデータ連携も可能です。

ZOHOブランドロゴ
営業DXのポイント2

マーケティングから営業事務までをカバーする幅広い機能群

CRMには申請承認を電子化するワークフローや、あるトリガーを元にデータの変更や処理を自動実行するブループリント等の機能があり、受注後の営業事務の電子化に寄与します。また多くのアプリケーションでスマートフォンアプリが提供されており、スマートフォンでデータの入力・参照ができます。

CRMには申請承認を電子化するワークフローや、あるトリガーを元にデータの変更や処理を
自動実行するブループリント等の機能があり、受注後の営業事務の電子化に寄与します。
また多くのアプリケーションでスマートフォンアプリが提供されており、スマートフォンで
データの入力・参照ができます。

営業DXのポイント3

圧倒的なコストパフォーマンス

ZOHOは多くのアプリケーションでフリーミアムモデルが採用されており、無料〜使い始める
ことができます。有料でCRMを使う場合も月額1,440円/アカウントから段階に応じてグレー
ドアップ可能で、高額なCRMツールの数分の一程度の運用コストになります。

ZOHOは多くのアプリケーションでフリーミアムモデルが採用されており、無料〜使い始めることができます。有料でCRMを使う場合も月額1,440円/アカウントから段階に応じてグレードアップ可能で、高額なCRMツールの数分の一程度の運用コストになります。

また上記以外にも、ZOHOではカスタマイズや拡張が柔軟にユーザー側でできる点は、
将来的に業務活用を広げる点で非常に有用となります。またほとんどのツールにおいて、
チャットサポートが提供されており(価格の割には)サポート面も充実していると言えます。

また上記以外にも、ZOHOではカスタマイズや拡張が柔軟にユーザー側でできる点は、将来的に業務活用を広げる点で非常に有用となります。またほとんどのツールにおいて、チャットサポートが提供されており(価格の割には)サポート面も充実していると言えます。

CRMサポートセンター資料ダウンロードのCTA